05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

戦隊物の主題歌を歌わせたいペロン エビータ《2012年2月25日(土)ソワレ》 

昨日千秋楽を迎えたエビータの東京公演。
あんまり深くは考えていなかったのだが、前楽はきっと秋夢子だろうなと
言うことと、基本的に土曜日のソワレに観たいので、先行の時に予約していた。

エビータは予想通り秋夢子だったので、これは良し、と。
もちろん野村玲子の方も観てみたかったが、これだけ歌のボリュームがある作品で
その肝心の歌がしんどいと観るのも辛くなるかなぁと言うことで、
今回はスルーすることにした。

今回のキャストで何がビックリって、退団と伝えられていた福井晶一が
ペロンとして復活していることだ。これは楽しみが一つ増えた。
まぁ、福井ペロンの登場よりも、佐野ラウルの方がビックリしたけど。。。
何で今更ラウルだったのだろうか。

という今回のキャスト。
120225_1.jpg

エビータ  :秋 夢子
チェ    :芝 清道
ペロン   :福井 晶一
マガルディ :渋谷 智也
ミストレス :松元 恵美


前回で秋エビータが前回より飛躍的に良かったし、今回の公演はアンサンブルも
良いとこ揃いで、すごく良いアンサンブルだったので、
単純にMY楽を楽しもうと思っていた。


エビータの秋夢子。
前回と同様に歌、演技ともに申し分ない。役柄のせいもあるのだろうが
まさに「今の四季を背負ってます」ぐらいの存在感もある。
見た目の問題もあるだろうが、この人はポリーの様な役よりも、
このエビータとかアイーダの方がより良さが出るんじゃないかと思う。
4月に開幕するアイーダでの登場が待ち遠しい。
アイーダは人数いるから出なかったりして・・・w


チェの芝清道もいつも通りで、現状ではこの人以外でのチェが想像できない。
この人だけが持つ「芝光線」とチェの相性が良いんだと思う。
カーテンコールの最後のちょっとふざけた締めも、この人らしくて良かった。
そういえば芝タガーのタガー締め久しぶりに観てみたいなぁ。


そして今回の目玉である福井ペロン。
佐野ペロンが良くも悪くも存在感満載だったのに比べると、自分が求める
ペロンらしく控えめだ。
ただ今までみたペロンの中で一番腹黒そうだ。絶対腹に一物持ってる感じ。
その辺がすごく良かった。
そのくせ、いざ大統領へ上り詰める段階で本当は小心者だということが
わかりやすかった。
前に出すぎず、後ろに下がり過ぎず、程よい存在感を示す
「小ざかしい小心者」という悪者の典型といったところか。
ま、ペロンは悪者ではないけど。

歌はやっぱりかっこいい。声がかっこいい。
戦隊物とかの主題歌歌えそうw


そしてアンサンブル。
前回観たときもアンサンブルの良さは十分にわかったが、今回は前回にも増して
纏まりであったり、個々の演技であったり、ダンスであったり素晴らしかった。
中々アンサンブルで「これは良い!」と感激することも少ないのだが
今回のアンサンブルは素直につくづく良いなぁ、と。


そんなこんなで2年ぶりのエビータは終了。
アホみたいに観劇しまくるきっかけだった演目。次回の公演が楽しみだ。

さてと、実は3月は四季の予定が入っていない。
四季以外はあるけど。。。
こんなに間が開くのは久しぶりなのだ。
ま、この間はプライベートの予定とかも関係してるんだけど、
いつびっくりキャストが来ても良いように準備してるとも・・・
そんなキャスト来るかなぁ。

とりあえず李フィエロ希望。。。


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2012/02/27 Mon. 10:33 [edit]

category: 劇団四季:エビータ

TB: 0    CM: 4

27

コメント

奇遇ですねえ 

こんにちは。
またご一緒しましたね。
今回は1F9-3でした。

ペロン良かったですね。
ただ私には溌剌とし過ぎていて、とても亡命しそうにはみえませんでした。
ニューアルヘンティーナもエビータより真っ先に先陣きって、♪いっざぁっ すっすもーうおーー!!!
と歌い出しそうに感じました(^-^)

人により感じ方ことなるのもまた一興ですね それそれのバックボー体験により感じ方が十人十色なのはごくごく自然なとですね。

ひとつ、ご存知でしたらお教えください。
2幕最後エビータ臨終の場面、エビータが舞台奥に立ち去った後、花びらが舞い落ちますが、沢山舞った後、最後にひとひらだけ舞い落ちる演出ありませんでしたっけ?
2/25ソワレではそれがなかったので。。。2/7ソワレはその演出だったんですよね。。。偶然?



URL | orenvalley #- | 2012/02/27 15:08 | edit

Re: 奇遇ですねえ 

>orenvalleyさん

あれ?奇遇でしたっけ?(笑)僕は4列目でした。
福井ペロンは程よい存在感で良かったですね。
あの溌剌さも冷や汗かきながらやってる感じがしたんですよねぇ。
なぜかはわからないんですが、その場で受けた印象からかもです。

ほんとに生の舞台って言うのは見る側のコンディションでもだいぶ印象が変わりますね。
演者と観客のその時々の相性で変わってしまうところが、舞台のいい所です。

花びらの場面ですよね。そう言われてみればそんな気もしますが・・・
あまりあの花びらに意味を持たせて見てなかったんで。
すいませんm(_ _)m

URL | nalaniconey #- | 2012/02/27 21:01 | edit

 

エビータ、前楽いいですねぇ!
カテコ、盛り上がりましたか?

私も秋さんの回に一度だけ行けましたが、
確かにこういった役の方がお似合いですね~
アイーダはどうせなら、全員登板して欲しいと思ってます。

四季版観た後にマドンナの映画版も観たのですが、芝さんのチェがすごいなぁ!と言うのが印象的でした。
芝さんのチェは本当に目も耳も奪われましたからねー

しばらく四季観劇無いのですね。
私は月二回のはずが週二回の勢いになり困ってます(>_<)
壁抜け終わったら飯田さん少し休んでくれないと破産しちゃいます…

URL | 朋美 #- | 2012/02/28 08:08 | edit

Re: タイトルなし 

>朋美さん

はい。前楽カテコは盛り上がりましたよ~。1階はスタオベでしたし。

僕もアイーダはずっと秋さんでも良いくらいなんですよね。
江畑さん来ると、エルファバが岡村さん一人だし。
CMは樋口さんだからオープニングは樋口さんかなぁ。。。

映画版のエビータはチェのアントニオ・バンデラスの演技が好きです。
歌も癖があって個人的には好きですね。
どちらかというとマドンナの歌が・・・

四季観劇予定がまるまる1ヶ月以上ないのはものすごい久しぶりです。
まぁその分別のものが入ってるんですがね・・・
飯田さんは実力者なんで、残念ながらそんなに長い休みはないのでは(笑)
また新役やるなら別ですけど。
ラダメスなんか面白いかもですね。キャラはちょっと違いますが。

URL | nalaniconey #- | 2012/02/28 11:54 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/101-0df72143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。