04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

あまロス タモロス ユニコーンロス  ガンダムユニコーンEP7「虹の彼方に」《2014年5月17日(土)》 

このブログを読んでくださる方々の恐らく99%の演劇ファンの方には
恐らく関係ない記事ですので、関係ない方は読み飛ばしてください。

ネタバレ含みます。
一応ネタバレを含む部分は隠しますが、この記事に直接飛んできた方には
見えてしまいますので、ネタバレOKな人以外はこの先は読まないように
してください。よろしくお願いしますm(_ _)m

って、それなら書くなということなんですがね。。。


というわけで・・・
終わってしまった・・・・本当に終わってしまった。
最終話を観終わって残ったのはとてつもない感動感と
それと同じくらいの淋しさ。
ちょっと前にあまちゃんを見ていた人たちが「あまロス」になり、
笑っていいともを見ていた人たちは「タモロス」になっていたようだが、
今の自分「ユニロス」。こんな言葉はないが・・・w

何が終わったかというと2010年から足掛け4年以上に渡って続いてきた
「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」が今回の「EP7:虹の彼方に」をもって
ついに最終回を迎えてしまったのだ。
この先にも先日発表となった新しいガンダムシリーズの2作品、
「Gのレコンギスタ」「ガンダム オリジン」も控えてはいるのだが
今はまだまだそっちには気が向かないくらいの虚脱感。

この虚脱感を脱するには何か舞台でも観に行って気を紛らわすくらいしか
ないわけだが、5月はこの後観劇予定がない。
一応ウレシパモシリは観に行くつもりだが5月中になるか、来月になるかは
まだちょっと決めてない。
5月に観に行っても6月頭にガンダムUCの音楽を担当した澤野弘之と
EP6&7の主題歌を担当したAimerのコラボライブがあるので、
この虚脱感ぶり返すだろうし。。。w


ま、それは時間が解決するでしょう。って失恋した男の子か!!??ww


ということで6月6日のBlu-ray&DVDの発売開始に先駆けて
5月17日に劇場公開されたガンダムUC EP7の初日に行ってきた。
この5年くらい映画館にはガンダムしか観に行っていないw
140520_1.jpg

劇場仕様のBlu-rayが欲しいということと、公開されたあと6月6日まで
待っていたら気が狂うことは明白だった。
結果的には自分が行った池袋では2日目にはBlu-rayは売り切れてしまったので
初日に行って良かった。。。
本当は週明けに行くつもりだったから。
全国的にも19日の時点でほぼ完売。2万枚は2日間しかもたなかったのだ。
あ~、ほんと良かった。。。
140520_2.jpg

それにしても4年以上かかって7話(合計7時間30分)ってすごい話しだなw
最初の4本は半年ぐらい毎に出ていたが、その先は少しずつ間隔が長くなり
最終話であるEP7に至ってはEP6から1年3か月という恐ろしい間隔に。
ドSなリリースの仕方にはドMで対抗するしかないのである(笑)
そこまでドMになれるのも、毎回観終わった後に「待って良かった」と
思える出来の良さがあってこそである。
そしてそれは最終話でも同じだった。


観終わった感想は「これでおれの宇宙世紀は完結した」というものだ。
宇宙世紀ものとしては年代としてユニコーンの時代の後の作品もあるのだが
自分の中ではファーストガンダムからの流れを汲むものが
宇宙世紀ものの定義になっている。
要するに1st~逆襲のシャアまでということになる。
1988年に公開された「逆襲のシャア」で最後アムロとシャアの行方が
わからなくなって終わり、というちょっとモヤモヤとしていた気持ちに対して
このガンダムユニコーンで回答がなされた、と思っている。


てなわけでこの先はネタバレ含むのでネタバレOKな方だけでお願いします。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 2014/05/20 Tue. 12:23 [edit]

category: 映画

TB: 0    CM: 0

20

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。