12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

英語をカタカナで読むの難しくない? 福井晶一ソロコンサート《2013年1月26日》 

今年に入ってからまだ1回しか四季を観ていない。
現状で東京で行われている公演で突発するようなものもなく、
新しい演目があるわけではないのでなかなか足が向かない。
突発したくなるような面白キャストがあればいいのだが・・・

だから、というわけではないのだが四季以外を観に行く機会が増えている。
今回も四季以外、というかこの間まで四季の人だった福井晶一のソロコンサートを
観に行ってきた。
特に福井フリークというわけでもないのだが、あのカッコいい歌声は好きである。

会場は仙川の仙川アベニューホール。
会場の1階はカフェになっていて、なぜかカラフルなワニがぐるぐる回っていたw
130128_1.jpg

会場のキャパは1階が120くらいかな。2階席は見れてないのでわからないが
たぶん20くらいなのかなぁ。

という今回のキャストとセットリスト。
写真はパンフレットとチケットとセットリスト。
130128_2.jpg

<キャスト>

福井 晶一

稲田 みづ紀(コーラス)
鎌田 誠樹(コーラス)

宮崎 誠(演奏)


<1幕>

1.ありがとう ~エビータ「High Flying Adored(空を行く)」より~
2.Can You Feel The Love Tonight(愛を感じて) ~ライオンキング~

【Shouichi's History】

3.セカンド・ラブ(中森明菜)
4.ラブ・イズ・オーヴァー(欧陽菲菲)
5.I Love You(尾崎豊)
6.ドリーム ~シャボン玉とんだ宇宙までとんだ~(音楽座ミュージカル)
7.おばさん猫~ラム・タム・タガー(キャッツ)
8.ラダメスの手紙(アイーダ)
9.星のさだめ(アイーダ)
10.マリア(ウェストサイド物語)
11.愛せぬならば(美女と野獣)

<2幕>

12.Makoto's Special Instrumental
13.Coner Of The Sky(PIPPN)
14.ブイ・ドイ(ミス・サイゴン)
15.One Song Glory(RENT)
16.Almost Paradise(Footloose)

【レ・ミゼラブルより】

17.対決
18.Drink With Me
19.彼を帰して
20.ワンデイモア

<アンコール>

21.勝利ほほえむ(アイーダ)
22.時が来た(ジキル&ハイド)


演奏はピアノとプログラミングされたシンセのみだが、曲の雰囲気を壊すことなく
必要十分なものだった。というかあれ以上いらないだろう。

コーラスの二人はコーラスとしては可も不可もなく。
まぁメインが福井晶一なのだからそれでいいのだが。。。

前半は福井晶一の昨年までの歩み、ということで初めて歌った曲とか
思い出の曲から四季時代の曲までをコント仕立てで。

後半はこれからの福井晶一ということで好きな歌や当然レミゼの曲など。

コンサートなのであれがどうだったとかこうだったとかという感想は
書きようがないので書きません。すんませんm(_ _)m
全般的にはやっぱり歌いなれている歌の方が良かったかなぁ、と。

いや、それ以外がダメだったということではなく歌いなれた歌の方が
より良かったということだ。
レミゼの舞台は1度しか観たことがないので曲も知らないのだが
あぁ、こういう雰囲気だったかもという雰囲気が感じられてよかった。

四季時代の曲は改めて彼の歌で聞くことができて思わずニンマリ。
なんかホッとするというか。

声は相変わらずヒーロー戦隊ものが歌えそうなカッコいい声だ。
今回初めて思ったのは演歌とか歌ったらまったく違和感なく
雰囲気を醸し出しそうだ、ということw
日本の歌い手さんという感じがすごいしたのだ。あ、悪い意味ではなく。

ちょっとおかしかったのは英語の歌詞で歌った曲は、歌詞を見ながらだったのだが
その歌詞が全てカタカナで書いてあったこと(笑)
逆に難しいんじゃ???
行ったのが最終の公演だったのでネタばらしということで教えてくれた。

他にも四季時代のエピソードで面白かったのは、俳優を目指したきっかけ。
四季時代はインタビューなどで「札幌で観たキャッツに衝撃を受けて」と
答えていたそうなのだが「実はこれ嘘です、本当にごめんなさい」と(笑)
まぁこれは良くある話なので。
実際にはコンサートでも歌った音楽座のドリームという演目だったらしい。

観に来ているお客さんは当然全員が福井ファンなので、和やかで暖かな雰囲気だった。
こういうコンサートはそれはそれで舞台とは違った面が観ることができるので
楽しいものだ。
一つ困るのはこんなところまで追いかけてたらそれこそきりがなくなるw
今後は思い立った時にくらいにしておかないと。。。

そういえば次の四季っていつだったかな・・・
ってくらい今は抑え気味。
春以降は観たいのが目白押しになるだろうから今はじっと我慢。
というか他の演目の予定は入ってるから我慢してないな・・・

よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2013/01/28 Mon. 09:41 [edit]

category: その他舞台

TB: 0    CM: 41

28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。