06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

キューティー&ワイルドだぜぃ  アイーダ《2012年7月27日(金)ソワレ》 

さて、今回はいつもの行数稼ぎの前置きは必要ないだろう。
あ、毎回いらない?(笑)

という今回のキャスト。
120727_1.jpg

アイーダ  :秋 夢子
アムネリス :光川 愛
ラダメス  :福井 晶一
メレブ   :有賀 光一
ゾーザー  :飯野 おさみ
アモナスロ :高林 幸兵
ファラオ  :石原 義文
ネヘブカ  :桜野 あら


何はともあれラダメスの福井晶一だろう。
おそらく自分も含めて2階席の客の大半は福井ラダメス目当てだろう。
2階のセンターブロックは月曜のキャス変の時に確認したときと、当日券を
確認した時ではかなり売れている席数が違っていた。
そりゃそうだよなぁ。東京のファンはずっと待ってたし。
でも前回の東京公演は・・・だったしw
とにかく初の福井ラダメスは楽しみでしょうがなかった。

福井晶一と言うと声の質も相まって実直な印象が強かったので、
物語の序盤では特に対極とも言えそうなラダメス像が想像できなかった。
なのでヘタな予想はしないでとにかく提供されたものを楽しもうと思っていた。

いよいよ博物館のシーン。
見た目的には・・・不自然なところは何も無いが「日本人!」という感じw
そして「勝利ほほえむ」でラダメスになり登場。
その歌いだしで少し驚いた。
想像していたよりもずっと荒々しい声で歌っている。
そして畳み掛けるような勢いがすごい。
福井晶一に持っていたイメージとラダメスとのギャップはここで覆されたが、
やはり元々持っていたイメージがあるので、ものすごく真面目にワイルドな
立ち振る舞いを演じているように見えた。

台詞の声も阿久津ラダメスのように少しドスを効かせたような感じ。
どこか何を考えているかわからない、というか腹にイチモツ持っていそうな
阿久津ラダメスとは違い、「おれは暴れん坊なんだぜ。ワイルドだろぉ?」と
素直に演じている印象だった。
その辺がなんか微笑ましく見えてしまったが・・・

やっぱりラダメスと言うのはそれなりに良い所の坊ちゃんなんだろうから
ワイルドに見せかけても持っている資質は「良いとこの子」なわけで
その辺が福井ラダメスと見事にシンクロしている。
世間を知らない(かどうかはわからないが)素直な子なので、毅然と立ち振る舞う
アイーダに見事にコロッと手玉に取られている(笑)。
途中そのやられっぷりが何度かかわいく見えてしまった。

だからこそアイーダに惹かれていき、自分を省みて成長をしていく姿が
とても自然だった。
目から鱗とでも言うべきかわからないが、阿久津ラダメスがデフォルトに
なっていた自分にとっては(ある将軍は除外されていますw)、
「そうそう、これはありだよな」と大いに納得させられてしまった。
元々舞台上もストーリーもシンプルなこの作品のメッセージが
何のオブラートに包まれることも無くダイレクトに伝わってくるのだ。

今更だが何故前回の東京公演では登場しなかったのだろうか。
もっともっと何度も観たかった。
阿久津ラダメスとはタイプがまったく違うが、それぞれの最高のラダメスを
前回もっと観れていれば、と思わずにはいられない素晴らしいラダメスだった。
終演後のスタオベをはじめとした観客の反応がその素晴らしさを物語っていた。


この日素晴らしかったのは福井ラダメスだけではなった。
数週間ぶりにアイーダに復帰した秋夢子。
この日の秋アイーダは少なくとも今回の東京公演で自分が観た中では
ダントツに一番の出来だった。
前回の東京公演の時に感じた「カンパニー全体を引っ張っていく力」を
十二分に感じさせてくる良い演技だった。
やはり「王女然とした存在感」というのはアイーダにとって必須条件なのだ。
歌のパワフルさだけではない、ヌビアの民を奮い立たせ纏め上げていく力が
ヌビア人たちを演じるカンパニーをグイグイと引っ張っていくのだ。

朴アイーダが決して悪かったわけではないし、むしろ自分は好きだ。
声も好きだし、演技も良い。
ただ王女であるより女性であることが前面に出がちな分、その王女としてのパワーが
感じられにくくなってしまっているということもある。

福井ラダメスがシンプルでストレートなことも相まって、その王女らしさが
特に前面に押し出されたのが今回の秋アイーダではなかっただろうか。
そう、自分はこの秋アイーダを待っていたのだ、と強く思わされた。
東京公演も残り少なくなってきているが、是非千秋楽までこの力強さを
継続していってもらいたい。


シンプルな作品が福井ラダメス、秋アイーダの影響でストレートに伝わるように
なった分、アムネリスも含めた3人の関係性がバランスより良く見えたということも
今回の収穫の一つだった。

そしてラダメス、アイーダとともに復活した有賀メレブ。
個人的にはワイスメレブは嫌いではないのだが、やはり有賀メレブを観てしまうと
やっぱメレブはこうじゃないと、と納得してしまう。
有賀メレブは結構自分の中ではポイントだ。
「私は知っている」の時点で何かすでにジーンとさせられてしまう。
今回はいつものような細かい演技は抑え気味だったが、そもそものメレブとしての
根本的な部分がブレることは無い。なので今回も非常に良かった。


さすがにもうこの作品で今回以上のびっくりキャストは無いだろう。
(あ、百々ゾーザーは興味あるw)
なのでびっくりキャスト目当てで突発することは無いだろうが
福井ラダメスがもう少し継続されるなら、観たいなぁ。。。と思わせる
今回のアイーダだった。


あ、でももう突発しないですよ。アイーダでは。
まぁ予定は未定だが・・・
いや、本当にないって・・・(笑)


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2012/07/28 Sat. 21:07 [edit]

category: 劇団四季:アイーダ

TB: 0    CM: 24

28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。