02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

疲れた体に鞭打って・・・ オペラ座の怪人 《2011年3月26日ソワレ》 

観劇からちょっと間が空いてしまったが、ダブルヘッダーの2回戦目。

これがそもそものアイーダだったんだな、というすごい説得力があった
アイーダを観劇後、予定通りの時間の快速に乗り京都へ向かった。

11月の春のめざめ以来の京都劇場。
110330_5.jpg

朝早く京都について、ちょこっと観光してからアイーダを観に行ったので
劇場に着いた時点で結構疲れてた。
マチソワ連続の方が翌日観光の時間が取りやすいと思っていたのだが
ベストコンディションで観劇するには、無理はしちゃいけないなぁ、と・・・
観る側の調子で印象も変わっちゃうしなぁ。

とは言えオペラ座はめちゃくちゃ楽しみだ。
四季のオペラ座はウィキッドが始まる前だから、4年ぶり。
その年の秋口にロンドンでは観ている。
俳優の名前は忘れてしまったが、えらいデカくてクリスティーヌを
ひょいっと抱きかかえてしまうパワフルなファントムだった。

劇場に入るとあのセットが目の前に並んでおり、「これだよこれ」と
テンションもあがってくる。

という、キャストはこちら。
110330_3.jpg

オペラ座の怪人        :高井 治
クリスティーヌ・ダーエ    :笠松 はる
ラウル・シャニュイ子爵    :中井 智彦
カルロッタ・ジュディチェルリ :河村 彩
メグ・ジリー         :松田 未莉亜
マダム・ジリー        :戸田 愛子
ムッシュー・アンドレ     :増田 守人
ムッシュー・フィルマン    :平良 交一
ウバルド・ピアンジ      :橋元 聖地
ブケー            :寺田 真実


笠松はるのクリスティーヌは初めてだ。
他にはラウルの中井智彦は全くの初見。
たぶんカルロッタの河村彩も初見だ。


オペラ座の怪人といえばまずはファントムだ。
4年前に最後に観た時は佐野正幸だった。佐野ファントムを観たのはその1回だけだったが
高井治や、村俊英のファントムとは明らかに違う情熱的なカッコいいファントムだった。
歌は高井ファントムには及ばないものの、その演技で観劇後の余韻が全く
違ったものだったことを覚えている。

で、高井ファントムだ。
言うまでもなくこの人の声と歌は圧倒的だ。
劇場で生で聞くとよくわかるのだが、声の響きが他の男優とは明らかに違う。
が、歌が凄すぎるが故に演技と言うよりもコンサートを見ているような
雰囲気になってしまうこともある。
元々高井治という俳優は決して器用なタイプには見えないので、
本人にそんなつもりはないと思うが、観る側も含めて、歌に頼ってしまう
部分が垣間見える。

久々に観た高井ファントムは、そんな印象は変わらなかったが、
歌の部分で感情などの表現をよりわかり易くしているように感じた。
立ち姿にオーラがあるタイプではないが、それをカバーしても余りある
圧倒的な歌がある。
この日はちょっと本調子ではないのかな?と思う部分もあったが些細なことだ。

歌が良すぎるために、演技や立ち振る舞いとのギャップが大きくなってしまうのは
痛し痒しと言ったところか。
ただ、終盤でクリスティーヌにマスクを剥がされ、それまでの冷静さや自信も
剥ぎ取られてしまった後の哀れな姿は良かった。
これが高井治の素だったりしてw


クリスティーヌの笠松はるはサウンド・オブ・ミュージックのマリア以来だ。
その時は演技、見た目は良かったものの、歌がちょっと合ってないのかなぁと
思う場面もあった。あ、決して良くなかったということではない。
楽曲的にはやはりオペラ座の方が歌いやすそうだし、非常に良かった。
元々持っている力が発揮されやすい楽曲だと思う。

元々クリスティーヌ自体の見た目が・・・という感じだが、
笠松クリスは見た目もかわいいし、表情も豊かなので良かった。
個人的に一番好きなシーンである、「The Point Of No Return」の中で
クリスがファントムに気づくシーン。
沼尾クリスの時が一番好きなのだが、笠松クリスも良かった。うん。
あのシーンで何故かゾクッとする。


ラウルの中井智彦は声も良いし、見た目もマツケン(松山ケンイチ)みたいで
良かった(?)のではないか。
安心して観ることができた。
「Think Of Me」の中での「ぶらぁ~ば~~」はちょっと可笑しかったが。。。

キャッツでガスを演じていた橋元聖地のピアンジ。
声も良いし、歌も上手い。他の役をやっていればきっと何の違和感も無いのだろうが
何せ見た目が若い(実際に若いんだろうけど)。
ガスのときは歌い方でうまく演じ分けていたが、見た目の若さに違和感があった。
それはピアンジでも同様だ。
この日のカルロッタの河村彩も、今まで観てきたカルロッタより明らかに若いので、
カルロッタとピアンジのコンビの「しょうがないおぢさんとおばさん」度合いは
かなり減少してしまった。ちょっと残念。
河村カルロッタは調子悪そうだったので余計に残念。


と、ちょっと気になる部分もあったが、久しぶりのオペラ座の雰囲気を
十分に満喫出来た。
宿泊したホテルの部屋に入ると、一気に疲れがどっと出て知らないうちに就寝。


翌日は天気がかなり良かったので、帰りの新幹線の時間まで観光したり
110330_2.jpg

110330_4.jpg

110330_1.jpg

ちょっとコテコテ系の観光の方が、いかにも来たぞ!という満足度は高い。

京都に来るときはここで食べたい!というステーキ屋さんにも行き
久々に京都をゆっくり満喫できた。


きっともう濱田めぐみのアイーダを観れることは無いだろう。
オペラ座を次に東京で観れるのはいつのことか・・・

せめてオペラ座は早めに来てほしいものだ。
何せお金かかるのでね・・・遠征は・・・


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2011/03/30 Wed. 19:22 [edit]

category: 劇団四季:オペラ座の怪人

TB: 0    CM: 10

30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。