06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

それは可能性の獣 《ガンダムUC EP4&サウンドトラックレビュー》 

このブログを読んでくれている劇団四季ファンの皆様。
今回は四季とは一切関係がありません。
あらかじめご了承くださいm(_ _)m




目を閉じて・・・ジャパネットたかたの高田社長を思い浮かべてください・・・


さて!本日ご紹介するのは、21世紀のガンダムを代表すると言っても差し支えない、
『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』本編内で使われている音楽を集めた
「機動戦士ガンダムUCオリジナルサウンドトラック2』です!
この『サウンドトラック2』には本編のEP1、EP2で使われたものの
『オリジナルサウンドトラック1』には収録されなかった曲をはじめ、
EP3、EP4に新たに書き下ろされた新曲を含む、全18曲が収録されています!
全ての曲を作曲している澤野弘之は、テレビドラマ『医龍 Team Medical Dragon』や
映画『陰日向に咲く』の音楽を担当した期待の若手作曲家!

この作品は30年以上にわたるガンダムシリーズ、特に宇宙世紀シリーズの
歴史の重みをずしりと感じさせる重厚でドラマティックなアルバムに仕上がっています!

今ならこの素晴らしい18曲が収録されたオリジナルサウンドトラックを
税込み、送料無料でなんと2,800円!




ということでジャパネットたかたはここまで。。。
書いてて疲れる。。。


一応このブログ、観劇感想がほとんどを占めているがCDレビューなどを
たまに気が向いたときにやっている。
このブログを見てくれているほとんどの人がそんなことを知らないであろうが。


そんなわけで今回は冒頭の高田社長の紹介にあったように、
『機動戦士ガンダムUC』のサウンドトラックである。

何故ガンダムなのか?
それはガンダムが大好きだからである。

何故アニメのサウンドトラックなのか?
それはこのアルバムには「たかがアニメのサントラ」などとは決して言わせない
素晴らしいクオリティの名曲が収録されているからである。

何故発売から2ヶ月たった今なのか?
それは12月~1月にかけて観劇目白押しで、こっちまで手が回らなかったというか
書く気力が沸かなかったからだ。

そして何故アマゾンのアフィリエイトになっているのか?
それは、前にちょっとだけ紹介したアマゾンがらみの商品を購入してくれた人がいて
手元にすずめの涙ばりの紹介料が入るはずが、アマゾンの規定により
5,000円以下だと振り込んでもらえないので、紹介料は宙ぶらりんのまま。
もう少しで5,000円なので、5,000円になったら四季のチケット代の足しに出来る!
ということです。。。

『オリジナルサウンドトラック1』の方には、このガンダムUCという作品の
テーマ曲といって差し支えない「Unicorn」という曲が収録されている。
ガンダムファンは、ガンダムUCのEP1でユニコーンガンダムが起動した時の
あまりのかっこ良さと、そのバックで流れていたこの曲に釘付けになったに
違いない。自分は「うぉ~~」とニヤケながら叫んでしまった。


この曲を聴いてピンと来ていないであろう、このブログを読んでくれている
四季ファンの皆様、ごめんなさいm(_ _)m

ついうっかりピンと来てしまった皆様、いらっしゃいwwww

この『サウンドトラック2』の方にも、第2のテーマ曲と言ってもいい
「MAD-NUG」(逆さから読むと・・・)や、「MOBILE ARMOR」などの名曲が
収録されており、アルバム全体の完成度と言うか満足度はむしろこっちの方が
高いのではないかと思っている。
上記の2曲の他にも、本編では使用されていたものの『1』では収録されていない
「0001」(EP1冒頭のラプラス事件の時に首相の演説の時に使われていた)や
「0-G:EP1」(EP1でサイアムとカーディアスの会話のバックと
タイトルコールで使われた)、『1』に収録された「ON YOUR MARK」の
ピアノバージョンなども収録されていて、ファンには嬉しいことになっている。


個人的にはサウンドトラックと言うと、作品本編があってこそ活きるもので
音楽単体だと・・・という印象を持っているのだが、このアルバムに関しては
音楽単体でも十分に満足度が高く、それに作品本編がプラスされると
魅力倍増!という感じだ。
まぁ、それもきっとガンダムが好きで、音楽の種類が好きなタイプだったからだと
言われればその通りなのだが・・・

アルバム収録の順番は逆なのだが、個人的には作品本編に倣ってこの順番で
聞いてほしいなぁ。

「MOBILE ARMOR」


「MAD-NUG」



って、YouTubeなんか紹介しちゃったらアフィリエイトにならないw
それじゃダメじゃん、春風亭昇太です!



で、以下はネタばれ含みの現時点での最新作であるEP4の個人的な感想。
四季のレポより長かったりして・・・
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 2012/02/02 Thu. 22:05 [edit]

category: CDレビュー

TB: 0    CM: 0

02

10年間片思い?そこまで行くのと逆にカッコいい?? 《Love Never Dies CDレビュー》 

アンドリュー・ロイド-ウェバーの新作ミュージカル『Love Never Dies』が
3月9日に開幕した。

読んだことはないが、原作となっている「マンハッタンの怪人」は、
実はあまり評判がよろしくないらしい。
何でも書き慣れない恋愛物を書いたせいだ!?とか。
まぁ、その辺は自分で読んでみないと何とも言えない。



とは言え、ガストン・ルルーのオペラ座の怪人の原作だって、まとまりがある
良い読み物だとは思えなかったが。。。
ミュージカルを先に観てしまっているので、舞台上では演じられなかった
裏側の話し、という印象だった。
登場人物にもイマイチのめり込めなかったしなぁ。


で、Love Never Diesだ。オペラ座の怪人の約10年後という設定らしいが、
上演されたロンドンでは、一部この作品に対する否定的なことが書かれているようだ。
CDの評判を見てみても、陳腐とか台本がなってないとか言うものも見かける。
ただ、実際に観て『ダメだった』となるならともかく、台本(歌詞)だけ見て
こりゃダメだ、となるのはいかがなもんか、と思う。
舞台という立体的なものになって、初めてわかる事だって多いだろうし。
なので、CDだけ聞いて舞台を評価するのはナンセンスだ。

自分はCDしか聞いていないので、あくまでも音楽CDとしての印象を書いてみたい。

まず、悪い評判もある歌詞。
正直読む気がしない。というか読む気になれない歌詞カードだ。
ちょっとこれはひどいんじゃない?
なので、読んでない。ダメ?
内容は聞いていて聞き取れる部分などから、こんな感じかな?と想像している。
ほんともうちょっとマシな歌詞カードつけて欲しかった。

翻って、音楽はすばらしい!
まだ数回程度しか通して聞けていないので、その中での印象となるが
まさにアンドリュー・ロイド=ウェバーの世界が十分に堪能できる。

ロイド=ウェバーの音楽は、様々なエッセンスが見事に作品の中で昇華している。

・シンプルなのにもかかわらず、耳から離れなくなる印象的なメロディ。
・様々なスケールやモードを多用した複雑なメロディ
・変拍子を多用した難解な楽曲

これだけではないと思うが、これら色々な要素が渾然一体となって
あの世界が作られている。
それはLove Never Diesも同様だ。

どうやったら、こんな音楽が作れるんだろうなぁ。。。うらやましい。

多くの人が期待しているであろうことは、前作『オペラ座の怪人』の音楽が
どのように登場するか?ということだ。
確かに前作のメロディーが点在はしているが、あくまでも前作との関連付けをするため
という程度のものでしかない。
使っている部分も、代表的な曲というより(まぁ、全部が代表的な気もするけど)
比較的地味な部分を使っている印象だ。

ただ、楽曲全体が前作の曲に置き換えられるような曲もいくつかあった。
これは意識してのことなのか、聞き手に前作のイメージが残っているからなのかは
わからないが・・・

例えば「Till I Hear You Sing」は「Music Of The Night」かな?みたいな。
そういうことを考えながら聞いてみるのも面白いかもしれない。

初めて聞いた時に、「Prologue」の次の「The Coney Island Waltz」が流れた時
あぁ、ロイド=ウェバーだぁ・・・とニンマリした。
前半は曲というよりも、劇中の一部という感じの曲が多いが
「Till I Hear You Sing」で、おぉぉぉぉ!となり、
「Beneath A Moonless Sky」(これはPoint Of No Return?)で早くもノックアウト。
えっとまだCD1枚目なんだけど・・・お腹いっぱいです、みたいな。

あまり色々書いてしまうと、聞く前の先入観が出来てしまうかもなので
細かいことはこの程度で。

とにかく、ロイド=ウェバーのファンなら買っても損はしないと思う。

この舞台を、四季が買うのかそれとも別の団体が買うのかはわからないが
個人的には、ロイド=ウェバー慣れしていて、前作も上演している
四季にやってほしいなぁ、と。

それまではCD聞いて妄想を膨らませるかな。

曲数が多いので、曲名はこちらで↓確認してください m(_ _)m



よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村

Posted on 2010/04/21 Wed. 15:09 [edit]

category: CDレビュー

thread: 洋楽CDレビュー  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

21

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。