10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

えっと・・・新作ですか?  劇団四季FESTIVAL 扉の向こうへ《2014年12月31日(水)》 

さて、年明け最初の週が終わってしまう前に去年の事はすましておかねば。
2014年最後の観劇は大晦日。
四季の「劇団四季FESTIVAL! 扉の向こうへ」である。

冬休みも年明けだと駅伝の影響受けそうだし、諸事情で後半までは観劇予定を
入れられないし、ということで大晦日の観劇になった。
この「FESTIVAL」という作品。観る前から何とも微妙な感じがしていた。
やることはきっとソンダンと同じなのに敢えてタイトルを変えて来た理由に
四季から退いた御大の影響とかなんかきな臭い感じがする。
そして稽古のレポートなんかを見ると過去のソンダンのセットをそのまま
流用しているし・・・

ソンダンは毎回楽しみにしているわけだが、前回の「花束」と「ようこそ」は
個人的には今一つ盛り上がり切れなかった。
なんか過去のソンダンからの流用感がすごく強くて。。。
「ようこそ」の方は新しい要素も多かったものの、本来ソンダンが持つ
お祭り感とは違う作品になっており、その辺も盛り上がり切れない要因だった。
なので、今回の「FESTIVAL」の稽古写真を見ていて「またか」という
想いはどうしても拭いきれなかった。

今一つ個人的な盛り上がりに欠けつつやって来た久々の四季劇場 海。
年末年始はマチネしかなかったのでイルミネーションは当然点灯しておらず。
141231_1.jpg

ちなみにこのイルミネーションをプロデュース(?)したのは
劇団大人の麦茶の塩田泰造である。

という今回のキャスト。
141231_2.jpg

【ヴォーカルパート】
MC : 味方隆司
瀧山久志
上川一哉
飯田達郎
芝 清道

岡村美南
雅原 慶
山本紗衣
吉田絢香

【ダンスパート】
松出直也
斎藤洋一郎
西尾健治
松島勇気
水原 俊
大森瑞樹
朱 涛
厂原時也

加藤久美子
駅田郁美
相原 茜
相馬杏奈
井上佳奈
原田麦子
川井美奈子
村上今日子
加藤あゆ美


キャストの方もヴォーカルパートは結構入れ替わっているが
ダンスパートの方はいつもの面々が揃っている。
安定と言えば安定でレベルの高いものを観させてくれるのは
わかっているものの、やはり既視感たっぷりという感じもある。

まぁ個人的には相馬杏奈がいてくれればそれでいいのだがww
ここに関しては既視感関係なしw
良いじゃないか、ファンなのだからwww

今回はヴォーカルパートにMCという枠が加わり、久々に味方隆司を観ることが
出来たのは嬉しかった。
そして作品の本筋とは関係ないところで、結果的にこの人の存在に救われた
今回の観劇ではあった。


作品としては「花束」「ようこそ」よりも今回の方が楽しめた。
もちろん流用も多く、ここまでくると見飽きた感がある曲もあるのだが
ソンダンが本来持つお祭り感というか楽しさが伝わってくるものだった。
「55 STEPS」や「Spirit」の時のように、『うぉ~!楽しいぜぃ!』と
いうところまではいかなかったものの結構楽しめた。

でもやっぱりこの作品(あ、「FESTIVAL」は新作?w)はいい加減
フルモデルチェンジが必要になって来たなぁとは思う。
よくよく考えてみれば他の普通の演劇作品はずっと同じものをやってるわけで
それを飽きずに(ま、作品によっては飽きてるけど)観続けられるのに、
ソンダン(もういいでしょ、この呼び方でw)では不満を感じてしまう。
何を期待して観るのかというところなのだが、自分は他の作品の曲を
何も考えずに「すげーなー!」とか「おもろいなぁ」とか思わせてくれる
ところに楽しさを感じていた。
なのでいくらすごくて面白いものをやっているとしても、
オリジナルの今日を違う角度から楽しむ角度が毎回同じだと、
結局それも普通の作品を観ているのと変わらなくなってしまう。
新しい要素があっても、そのことよりも既視感が勝ってしまうという・・・

舞台としての完成度はやっぱり今回も高いし、キャストもみんな良い。
まさに完成されたショーであることには変わりはない。
個人的には相馬杏奈の見せ場が多目で、そこに関してはたっぷりと
満喫させてもらった。
でもこの完成度をもっと別の形で観ることが出来れば、と考えてしまうのは
贅沢なことだろうか・・・?
ソンダンはコアな四季ファンのリピートも多いと思う。
だからこそ次はもっともっと変えていかないと、ソンダンという作品自体の
存在価値がさらに薄れてしまうのではないかと心配している。

もう一度観に行くことになっているが、そのレポはたぶん書けないだろうなぁ。
いや、今回はここで書くのやめて、キャストのちょっとした感想は
次にまわしてレポの本数稼ぐかww

というのも何なのでさくっと簡単に。
まずは上で存在感に助けられたと書いた味方隆司。
この人はベテランらしく抜群の安定感である。
そして見た目のせいなのか、声のせいなのかわからないけどとにかく
優しく皆を見守るキャスト・観客皆のよりどころ、という雰囲気がある。
この人の存在感のおかげで作品全体が温かいものになったのではないだろうか。


ソンダンでは初登場(かな?)の上川一哉。
もともと声は良いものの声量があるタイプではないので、曲によっては
若干物足りなさを感じてしまう場面もあった。
この人の魅力は芝居の中での説得力だと思っているので、そういう意味では
ソンダンという作品では彼の一番良いところを活かせないのかもしれない。
とは言え歌も歌えてダンスも切れて、と女性客をガッツリ掴んでるんだろう。


女性陣ではやはりソンダン初登場の雅原慶と岡村美南。
何か改めて名前書いてて思うけど、結構な豪華キャストだよなぁ。
エルファバが二人並んで歌ってるなんて・・・
発見だったのは雅原慶の雰囲気が予想外にオバちゃんぽかったのとw、
岡村美南は開幕予定のCrazy For Youでポリー出来るでしょ?ということ。
これは実現してくれたらかなり嬉しい。
ボビーは新しいところなさそうなので、ポリーに期待している。

それから多分初見の山本紗衣と、カルロッタでは見ている吉田絢香。
二人とも立ち位置的にはヤング枠という感じだったが、
今までのヤング枠になく歌が上手すぎる。いや、上手くていいんだけどw
吉田絢香はカルロッタやるくらいだから上手いのはわかってた。
発見だったは山本紗衣の方。見た目も中々だし、歌も安定しているし
これから別の演目でいることが出来たらいいなぁ、と。


ダンサー枠だとやっぱり注目は相馬杏奈だ。
いや、他のレギュラーメンバーも十分すごいのだが、相馬杏奈が舞台上に
いる時は、基本そこだけ観ていたw
ダンスのすごさはよくわからないし、上手い人は誰を観ても「すげ~!」と
ただただ感心するばかりなので、キャストによる差はわからない。
じゃ、相馬杏奈の何が良いのか?というと、かわいいからに決まってるw
今回さらに細くなってしまったような気がして心配になるくらいだった。
もう少しぽっちゃりしてもかわいいから大丈夫よ!もっと食べて!
あ、ぽっちゃりしたら踊れなくなるか・・・ww


てなわけでやっと2014年分全部書けた!
今年の初観劇は再来週の「FESTIVAL」。
今度はもっと楽しめることを期待しつつ・・・


ところで「FESTIVAL」ってやっぱり新作の括りなの?w


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2015/01/09 Fri. 18:18 [edit]

category: 劇団四季:FESTIVAL

TB: 0    CM: 4

09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。