10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

あれ?でかくなった?? 間奏曲《2012年5月5日(土)マチネ》 

御大、浅利慶太によると劇団四季はジャン・ジロドゥ、ジャン・アヌイの作品を
上演するために立ち上げられたそうだ。
そのジロドゥの作品である間奏曲は四季の第3回公演で上演されている。

今回四季のルーツであるこの作品を観て、御大が事あるごとに口にする
「俳優は作家の言葉を正確に観客に伝えることが仕事」(こんな感じだよな?)
という、まさに四季の理念とも言えるものを目の当たりにした。

この作品は初見だ。基本的に文学作品系のストレートプレイは文学とは
縁も所縁もない人生を送ってきた自分にとっては敷居が非常に高いのだ。
本来ならこの手の作品は何となくでも予習してから観た方が良い気もしたのだが
例によって何の予備知識も無いままエビータ以来の自由劇場へ。
120506_1.jpg

天気がイマイチだった今年のGWで一番良い天気だったこどもの日。
こんな天気が良い日にインドアで観劇と言うのもなんだが・・・
120506_2.jpg

という今回のキャスト。
120506_3.jpg

イザベル         :坂本 里咲
検査官          :田邊 真也
視学官          :志村 要
町長           :石波 義人
薬屋           :味方 隆司
アルマンド・マンジュボワ :菅本 烈子
レオニード・マンジュボワ :斉藤 昭子
首斬り役人        :金久 烈
幽霊           :佐野 正幸

【少女たち】
リュース  :服部 ゆう
ジルベルト :生形 理菜
ヴイオラ  :豊田 早季
イレーヌ  :出口 恵理
デーズイ  :早川 絢子
ドニーズ  :高橋 伶奈

アドリアン氏 :荒井 孝
テリエ親父  :南 圭一朗

【町の人々】
花屋  :大岡 紋
時計屋 :玉真 義雄
カジヤ :佐藤 圭一

【男性コーラス】
宇龍 真吾
長手 慎介
名児耶 洋
山口 泰伸
白瀬 英典

【女性コーラス】
寺嶋 あゆみ
英 陽奏
山本 紗衣
土居 愛実
安田 真佑美


メインキャストには錚々たるメンツが名を連ねている。
このメンツを見るだけで作品が持つ意味(作品自体、四季にとっても)が
何となく想像できる。

音楽劇と謳われてもいるし、男女コーラスのキャストもいるし、
それでいてストレートプレイであるこの作品。
何をどう期待したらわからないまま開幕。

1幕はひたすら言葉。演劇というより朗読に近いんじゃないか?というくらいだ。
きっと好きな人は言葉の使い方に感心したり、感動したりするんだろう。
あまりにも静かな1幕にうとうとしてる人も・・・

もちろんそれぞれがキャラクターを演じてはいるのだが、言葉を立体的に見せる
役割以上の存在感は醸し出していない。
文学小説の挿絵と言えば良いだろうか。
まさに役者は台本に書かれた言葉を正確に伝えるだけの存在だ。
キャストによって左右されることはなさそうだ。
これがそもそも四季が目指している(た)物なのだろうか。

演技から入ってくる情報は非常に少なく、頑張って集中して言葉を
聞き漏らさないようにして、且つその言葉の意味を理解して、
さらにその言葉が使われている意味を見出さないといけない。
要するにパッと見て本来の姿を理解することは出来ない(に等しい)。

この世界観を理解して、楽しむことが出来るようになるためには
まだまだ修行が必要だ。。。


そんな1幕とは対照的に、2幕は物語にも動きが多く言葉も自然と入ってくる印象だ。
コミカルな場面も多い。
ここまで対照的になった理由は何だろうか。
印象が柔らかいだけに、文明社会を喜ぶ視学官の言葉が皮肉っぽく聞こえるのは
自分が捻くれているからだろうか。。。


この作品は音楽劇と謳われている。
一見ミュージカルっぽくも感じてしまうが、劇中では子供たちの歌と終盤の歌のみだ。
なので、その部分にはあまり期待はしないで行ったほうが良い。
曲調が何となく童謡っぽくてファミリーミュージカルっぽくなってしまっている。
その辺も1幕と2幕のちぐはぐ感を感じてしまう所以だ。


実は今回の観劇で一つ楽しみにしていたことがあった。
「春のめざめ」でゲオルグをずっと演じていた白瀬英典が戻ってきていたからだ。
一昨年の京都公演を最後に姿を見なくなっていた。
休団していたのか、カムバックしたのか事情はわからないが好きなキャストなので
楽しみにしていたのだ。
コーラス隊は一番最後にしか出てこないので、出番としては少なかった。

コーラス隊が出てきた時に姿を探したら・・・・
あれ?あれれれれ?さらにでかく(太く)なった???
と思っていたら別人だったw
山口泰伸という人らしい。関取役が出来そうだ。。。
ま、ともかく好きなキャストが戻ってきてくれたのは嬉しい。


と言うわけで、やはりこの手の作品は自分にはまだまだ早い?
ということを再確認したこどもの日だった。


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2012/05/06 Sun. 18:53 [edit]

category: 劇団四季:間奏曲

TB: 0    CM: 12

06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。