06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

戦隊物の主題歌を歌わせたいペロン エビータ《2012年2月25日(土)ソワレ》 

昨日千秋楽を迎えたエビータの東京公演。
あんまり深くは考えていなかったのだが、前楽はきっと秋夢子だろうなと
言うことと、基本的に土曜日のソワレに観たいので、先行の時に予約していた。

エビータは予想通り秋夢子だったので、これは良し、と。
もちろん野村玲子の方も観てみたかったが、これだけ歌のボリュームがある作品で
その肝心の歌がしんどいと観るのも辛くなるかなぁと言うことで、
今回はスルーすることにした。

今回のキャストで何がビックリって、退団と伝えられていた福井晶一が
ペロンとして復活していることだ。これは楽しみが一つ増えた。
まぁ、福井ペロンの登場よりも、佐野ラウルの方がビックリしたけど。。。
何で今更ラウルだったのだろうか。

という今回のキャスト。
120225_1.jpg

エビータ  :秋 夢子
チェ    :芝 清道
ペロン   :福井 晶一
マガルディ :渋谷 智也
ミストレス :松元 恵美


前回で秋エビータが前回より飛躍的に良かったし、今回の公演はアンサンブルも
良いとこ揃いで、すごく良いアンサンブルだったので、
単純にMY楽を楽しもうと思っていた。


エビータの秋夢子。
前回と同様に歌、演技ともに申し分ない。役柄のせいもあるのだろうが
まさに「今の四季を背負ってます」ぐらいの存在感もある。
見た目の問題もあるだろうが、この人はポリーの様な役よりも、
このエビータとかアイーダの方がより良さが出るんじゃないかと思う。
4月に開幕するアイーダでの登場が待ち遠しい。
アイーダは人数いるから出なかったりして・・・w


チェの芝清道もいつも通りで、現状ではこの人以外でのチェが想像できない。
この人だけが持つ「芝光線」とチェの相性が良いんだと思う。
カーテンコールの最後のちょっとふざけた締めも、この人らしくて良かった。
そういえば芝タガーのタガー締め久しぶりに観てみたいなぁ。


そして今回の目玉である福井ペロン。
佐野ペロンが良くも悪くも存在感満載だったのに比べると、自分が求める
ペロンらしく控えめだ。
ただ今までみたペロンの中で一番腹黒そうだ。絶対腹に一物持ってる感じ。
その辺がすごく良かった。
そのくせ、いざ大統領へ上り詰める段階で本当は小心者だということが
わかりやすかった。
前に出すぎず、後ろに下がり過ぎず、程よい存在感を示す
「小ざかしい小心者」という悪者の典型といったところか。
ま、ペロンは悪者ではないけど。

歌はやっぱりかっこいい。声がかっこいい。
戦隊物とかの主題歌歌えそうw


そしてアンサンブル。
前回観たときもアンサンブルの良さは十分にわかったが、今回は前回にも増して
纏まりであったり、個々の演技であったり、ダンスであったり素晴らしかった。
中々アンサンブルで「これは良い!」と感激することも少ないのだが
今回のアンサンブルは素直につくづく良いなぁ、と。


そんなこんなで2年ぶりのエビータは終了。
アホみたいに観劇しまくるきっかけだった演目。次回の公演が楽しみだ。

さてと、実は3月は四季の予定が入っていない。
四季以外はあるけど。。。
こんなに間が開くのは久しぶりなのだ。
ま、この間はプライベートの予定とかも関係してるんだけど、
いつびっくりキャストが来ても良いように準備してるとも・・・
そんなキャスト来るかなぁ。

とりあえず李フィエロ希望。。。


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2012/02/27 Mon. 10:33 [edit]

category: 劇団四季:エビータ

TB: 0    CM: 4

27

かん~ぺき~だ~ゆめ~こ~♪  エビータ《2012年1月28日(土)ソワレ》 

何度かこのブログでも書いているが、元々観劇は月に1回と決めていた。
観たいものが重なってどうしようもない時だけ月に2回観る事もあったが
それはかなりのレアケースだった。

それが『ある時』から箍が外れ、月1回があっという間に毎週?くらいのペースに
なる月も出てくるようになってしまった。
その『ある時』というのは、2年前に上演されたエビータだった。

その時も今回と同じく野村玲子と秋夢子のダブルキャストだった。
予約した日は野村玲子だった。
演技に関しては何も言う事はなく、喉の調子も戻ってきていたので
ちょっと苦しい部分もあったが満足度はかなり高かった。
久々に聞いたエビータの曲はどれも素晴らしかった。

こうなると気になるのがもう一人のエビータ、秋夢子だ。
秋夢子は好きな女優だったし、歌は絶対秋夢子の方が良いはず、と思ってたので
突発する事を決定したのだが・・・
その時は大体のスケジュールは推測できたものの確実なものはなく
行ける日に突発してみたらエビータはまたしても野村玲子。
こうなったら秋夢子を絶対見るぞ!と前楽にやっと秋エビータを
観る事ができた。

秋エビータの歌は予想通り明らかに野村玲子より聞きやすく、安定感も抜群だった。
が、歌以外の部分ではやはり野村玲子に軍配が上がってしまった。
何より秋エビータは野村エビータのコピーに見えてしまい、
それならば野村エビータの方が良いだろう、と。
期待が大き過ぎたのかもしれない。

しばらくは無いだろうなぁと思っていたら約2年で再演。
思いの外早かった。
先行予約時点では当然キャストはわからなかったのだが、開幕前になって
いきなり1月中のエビータ役のスケジュールが発表に。

何で今になってこんな事やるんだろうか。。。
この演目でやってもあまり意味が無い気がするのだが。

で、たまたま先行で取っていた日は秋夢子だということがわかった。
前回からどれだけ変わったのか、楽しみになった。


28日は朝から地震が続いてなんとなくいやな感じだったが、
それ以上に嫌だったのが厳しすぎる寒さ・・・
劇場まで歩いていくのもいやな寒さだ。

とぶつぶつ言いながらもやって来たコーラスライン以来の自由劇場。
120128_3.jpg

露出は相変わらず野村玲子。
御大夫人だし、超ベテランだし、メインになるのはわかるのだが
もうそろそろ新しい人の露出を増やしても良いんじゃないかなぁ。
120128_1.jpg


という今回のキャスト。
120128_2.jpg

エビータ  :秋 夢子
チェ    :芝 清道
ペロン   :佐野 正幸
マガルディ :渋谷 智也
ミストレス :松元 恵美


エビータもそうだが、チェもそろそろ新しい人に出てきて欲しいなぁ。
もちろん芝清道のチェには何の不満も無い。
ただ単に新しい人も観てみたいと言うだけなのだが・・・

ペロンは退団してしまった金田俊秀からこちらもベテランの佐野正幸に。
出来れば佐野ファントムで見てみたかったのだが。


毎度前書きが長くて申し訳ないが、色々グダグダと書くのが好きなもんで・・・
と言うわけで、さっそくキャストの印象を。


まずはやはりエビータの秋夢子。
いやぁ良かった!本当に良かった。
これだったら今回は喉が不調らしい野村玲子に代わって、
全公演秋エビータでも良いのではないかというくらい良かった。

登場した時から野心に満ち溢れている表情と存在感。
どんどんのし上がっていくエビータを見事に演じていた。
ストーリー自体にはがっつりはまれるほど共感は出来ないのだが、
これだけ見事に演じられると、ストーリーの説得力がグッと増して
グイグイと引き込まれてしまう。

弱気になるペロンに対する態度を見ていると、こんな風に迫られたら
「NO」とは言えないよなぁ、と思わされるくらいの静かな迫力。
そりゃこれだけのものを持っていれば、ファーストレディになるよな、
という説得力抜群。

2幕冒頭の『共にいてアルゼンティーナ』では、熱狂する群集を見て
目が潤んでいるかと思えば、次の瞬間には対極のような冷たい目で
政敵を見返す。
この場面を2年前に野村玲子で見た時は、さすがだなぁ、と
つくづく感心させられたものだが、今回の秋夢子もそれに勝るとも劣らない
見事さだった。

2年間に見た時は2幕にちょっと間延び感を感じて退屈する部分もあったのだが
今回は2幕があっという間に終わってしまった。
それくらい舞台に引き込まれて集中していたと言う事だろうか。

エビータが癌に冒され弱っていきながらも、それでもまだ自分の思うままに
生きていこうとする生命力。
その表現も理に適っていて、文句をつけるところがなかった。
ま、文句つけるために観ているわけではないんだけどw

2年前に観た時とはケタ違いの存在感を見せてくれた秋夢子のエビータだった。
1ヵ月後くらいにもう1回分チケットを取っているのだが、
これなら次も秋エビータで観てみたいなぁ。
あ、今の秋エビータと野村エビータを比べるために野村エビータで観るのも・・・
もう1回分取らないとダメ?


それから芝清道のチェ。
何も言う事が無いのは面白くないというくらい、見事な安定感。
この演目においては現実的でシニカルな存在であるチェを
今回も見事に演じていた。


ちょっとなぁ、と感じてしまったのがペロンの佐野正幸。
ベテランらしい存在感を醸し出していた。
演技が良いだけに存在感が出てしまうのだが、その存在感がこの演目では
問題(というほどではないけど)に感じてしまった。

元々この作品はエビータとチェだけで成り立っていると思っているので
そこに存在感を持った第三者が現れてしまうと、中途半端な奥行きが出来てしまい
シンプルだからこそ際立つエビータの存在を邪魔してしまう。
佐野ペロンには、その存在感をファントムで出して欲しいなぁ、、、。


今回が初登場のミストレスの松元恵美。
アンサンブルで観ているのかもしれないが、意識してみるのは初めてだ。
個人的なミストレスの印象は、「ペロンさん、あなたロリコンっすか?」くらいの
少女的な感じなので、その雰囲気にはバッチリはまっていた。
歌は特別な感じはしないが、全くクセが無い素直な感じで、
それもまたミストレスに非常にマッチしていたと思う。
何より良かったのは見た目w
また注目の若手女優が出てきてしまった。


あと今回痛感したのは舞台全体のまとまり。
ダンスにしても何にしても舞台全体がビシッとまとまっている。
他のカンパニーはあんまり観ていないので何とも言えないが、
これが四季の強さだよなぁと思った。
先週ボニー&クライドのちょっとグタグタ感のあるアンサンブルを観た後だったか
余計にそれを感じたのかもしれない。


興奮するような演目ではないはずなのだが、予想以上の秋エビータの良さに
観劇後はしばらく興奮冷めやらず、な今回のエビータだった。


あ、今回の観劇後はがってん寿司ではなくて、ハマサイト内のお好み焼き屋で。
写真取り忘れたけど・・・


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村

Posted on 2012/01/29 Sun. 20:29 [edit]

category: 劇団四季:エビータ

TB: 0    CM: 8

29

エビータは一日にして成らず!? エビータ3回目《2010年3月13日(土)マチネ》 

さてと、念願の秋夢子エビータが観れた3回目のエビータ。

<キャスト>
エビータ  :秋 夢子
チェ    :芝 清道
ペロン   :金田 俊秀
マガルディ :渋谷 智也
ミストレス :高木 美果


秋夢子はキャッツのジェリーロラム=グリドルボーンや
李香蘭の愛蓮などで観ている。
見た目はきりっとした美人。
歌は安定していて非常にうまい。
声質は見た目のきりっとした感じとは違う、深みと暖かみがある感じ。

台詞になると、若干「わたし」が「わだし」に聞こえてしまうなど
訛りを感じる時もあるが、基本的には舞台上での日本語パーフェクト。
歌だけ聴いていたら、日本人ではないことはまったくわからない。
エビータに関しては、ほぼ台詞はないのでまったく気にする必要ない。
というか、知らずに観ていたら何も気づかないかも。

ということで、この回は秋夢子の『歌』に期待していた。
演技はさすがに野村玲子を超えるものはないんじゃないかなぁ、と思ってたので。

幕が上がり、エビータの葬儀のシーン。
チェの「こいつはサーカス」の終わり、バックで「さようなら~アルゼンティーナー」と
歌が聞こえてきた瞬間、「え??これ野村玲子???」と思ってしまった。
かなりリバーブがかかっているから余計にそう感じたのかもしれないが
自分が思っていた、秋夢子の声には聞こえなかった。
一緒に観ていたヨメも同じように思ったらしい。

ストーリーは進む。
低音部などは辛そうだったが、さすがに歌の安定度は野村玲子とは比較にならない。
野村玲子の時には聞き取れなかった歌詞も、はっきり聞き取れる。
いっぱいいっぱいで歌っているのと、余裕を持って歌っていることの違いか。

でも・・・秋夢子に聞こえない。
歌が安定した野村玲子みたい。
芝居の部分も野村玲子のコピーにみえた。
当然コピーより本物の方が良いわけで。。。
レベルは高いのだが、釈然としなかった。

秋夢子の持ち味である深みのある暖かい声は、この作品では活きないのかな。
う~ん、もったいない。
「台本を伝えるのが役者の使命」という四季の方針に従えば
ある意味コピーでも良いのだろう。
というか、同じものを伝えられていなければ、四季の方針も意味がない。
ただ、某番組で代表が語っていた「歌には個々のニュアンスがある。5%程度」という
その5%はされど5%。観客に与える印象はがらりと変わる。
自分は歌に重きを置いているのでなおさらだ。

その5%が今回の秋夢子からは伝わらなかった。残念。
事前の勝手な妄想が過ぎたかなぁ。

と、色々いちゃもんつけてしまったが、舞台そのものは決して悪かったわけではない。
今回もすばらしい音楽でエビータの世界は堪能できた。

この日は秋夢子の千秋楽ということもあり、カーテンコールはいつもより長めで
観客も暖かかったように思えた。

あ、あとペロンの金田俊秀が野村玲子の時より伸び伸びしていたような気がした。
御大夫人と組むのはきっついだろうなぁ。

芝清道のチェは、相変わらずさすがだチェ。

ということで、自分としては異例の突発が続いたエビータ観劇は終わった。
次にこの作品を観れるのはいつになるのだろうか。

その時も野村玲子だったら、やばいよ四季!
そして、新しいエビータを演じられる女優さんに期待。

よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村

Posted on 2010/04/14 Wed. 11:30 [edit]

category: 劇団四季:エビータ

TB: 0    CM: 0

14

ペロンはこれでいいと思うんだけど。。。2回目のエビータ 《2010年2月17日(水)ソワレ》 

<キャスト>
エビータ  :野村 玲子
チェ    :芝 清道
ペロン   :金田 俊秀
マガルディ :渋谷 智也
ミストレス :高木 美果

前回観劇した後、改めてマドンナが出ていた映画のエビータを見直した。
マドンナの歌も「う~ん」と言うところはあるが、やはり曲が良い。
何度も聞くうちにハマってきた。
やはりアンドリュー・ロイド・ウェバーは天才だ。
なんでこんな印象的なメロディーが作れるんだろう。。。

前回は野村玲子の歌の部分に消化不良を感じた。
そこで、次は秋夢子で!ということで、出演順番を数えチケットを取った。
が、その週は出演曜日の順番が変わり、またもや野村玲子に。
でもまぁ、良い舞台だし野村玲子の歌も別にダメなわけではない。
純粋に舞台を楽しもう、と。

野村玲子の印象は前回と同様だった。演技はすばらしい。
歌も前回より声が出ているような気がした。
そして、曲が良い!
前回は間延びっぽく感じた二幕もそういう風には感じなかった。

ということで、結構満足な舞台だった。

前回分は野村玲子のことしか書かなかったので、今回は男性陣。

まず、チェの芝清道。
5年前のチェがどうだったか、もはや記憶にないのだが
芝清道はいつ見ても芝清道だ。抜群の安定感で舞台が引き締まる。
歌は昔の方が良かった、という声も聞こえているが、
今だってまったく問題ない。というか非常に良い。まぁ昔を知らないけど・・・

そして、ペロンの金田俊秀。
金田はライオンキングのムファサや、JCSのジーザスなどで何度か観ている。
この人、抜群に良い声で歌もうまい。
JCSの『Gethsemane~I only want to say(邦題:ゲツセマネの園)』の声の伸びは最高だった。
が、この金田ペロンは評判があまり良くない。
アイーダのラダメスでも同様だ。
理由は演技が棒だ、と言うことらしい。ペロンから何も感情が伝わらない、と。

でもちょっと待ってほしい。
そもそもペロンと言う役にバシバシとペロンの感情が伝わってくることが
必要なんだろうか?
あくまでも個人的な見解だが、ペロンはあれでいいのだと思う。
確かにエビータ、チェ以外の他の役に比べて出番も多い。
でもその立ち位置は、極端に言うとマガルディやミストレスと変わらないのでは。
エビータと言う舞台は、基本的にエビータとチェだけで成り立ってしまうのだ。
奥行き(立体感)を持たせるために、他の役が存在している。
実際、金田ペロンを何の先入観を持たないで観ても、まったく違和感はなかった。
そして歌と声は素晴らしい。個人的には満足度が高いペロンだった。

金田ペロンの歌を聞きながら考えていたのは、この声でどういう風に
ラダメスの歌を歌うのか、と言うことだった。今一つ想像ができん。

観劇後、いつなら秋夢子で見れるかと、すでにもう一度見る気満々。
結果として、千秋楽前日のマチネならほぼ間違いなく秋夢子だろうと
いうことでチケットゲット。

ちょっと観すぎ?

実際その日にとうとう秋夢子のエビータが見られたのだが、それはまた次回。
なるべくすぐにアップします。エビータモードのうちに。
その後はアイーダモード全開になってしまうので。。。

よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村

Posted on 2010/04/13 Tue. 20:43 [edit]

category: 劇団四季:エビータ

TB: 0    CM: 0

13

さすがとは思いつつも消化不良気味なエビータ 《2010年2月6日(土)ソワレ》 

<キャスト>
エビータ  :野村 玲子
チェ    :芝 清道
ペロン   :金田 俊秀
マガルディ :渋谷 智也
ミストレス :高木 美果

エビータを前回見たのはたぶん2005年だから、もう5年も前のことになる。
その時のエビータは井上智恵、チェは芝清道、ペロンは下村尊則だった。
その時の印象としては、『いい曲は多いけど、全体的には入り込めない』であった。

基本的に、強い女性の『私が世界の中心よ』的な感じの話しには
のめり込めないのだ。
エビータの他にはアスペクツ オブ ラブなどがそうだ。
女性にはかなり受けがいいが、男性にはちょっと理解できない部分が。。。
アスペクツ オブ ラブの最後で『独りぼっちで寂しく過ごす、そんな人生に何の意味があるの?』
と、言われても・・・みたいな。

音楽的にはさすがアンドリュー・ロイド・ウェバーと言う感じで
染み入るメロディー、劇的な展開とすばらしいのだが、ストーリー的になぁ。


で、話は戻ってエビータ。
5年ぶりだし、次にいつやるかもわからないし、ヨメがいたく気に入ってるし、
と言うことで観に行くことに。
ただ、チケットを取った時点で一抹の不安が。
それは、野村玲子がエビータとして前面に出ていたことだ。

野村玲子のここ何年かの苦しい李香蘭を観ていたし、評判も聞いていたし、
何より自分の中のエビータの強いイメージと野村玲子のあの歌が
まったく結びつかないのだ。
例え野村玲子が喉を壊してなくても、歌から力強さが感じられないだろう、と。
去年見た55stepsでの井上智恵の印象も残っているから尚更だ。

自分の中でミュージカルを見る時は歌65%、演技その他:35%くらいで
歌に重きを置いている。
その歌がダメだとわかっている時点で、イマイチ気持ちが盛り上がらない。
秋夢子とのダブルキャストだったため、見るときはこっちがいいなぁ、と。

が、当日のキャストは上記の通り。
ま、覚悟はしていたのでしょうがない、と。
野村玲子の歌ではなく重鎮らしい演技を見ようと気持ちを切り替えた。

開幕して、野村玲子の歌に・・・
あれ?そう想像してたより声出てるんじゃない?
と言うのが第一印象。

普通に歌えてるじゃん、ってなんて高飛車な失礼な書き方だが・・・
もちろんもっと歌える人はいくらでもいるが、想像以上であった。
聞き苦しいところも結構あったりはするし、
ミストレスの方が圧倒的に歌がうまいし、なんだかなぁと言うのもあるが。

ただ、それを補って余りある素晴らしい演技があった。

例えばわかりやすいところで言うと、二幕冒頭のバルコニーで
『共にいてアルゼンチーナ』を群集に向けて切々と歌い上げた直後、
敵対する勢力に向けて、権力をつかんだことをアピールする場面。

一瞬で、表情だけではなく周囲の空気も変えてしまう演技力。
これは誰にでも出来ることではないと思う。
今の四季の俳優でこれが出来る人が他にどれだけいるか。
今後の四季の課題ですな。

全体の印象としては、印象的な曲が多く展開が早い一幕に比べて
二幕はなんとなく間延びしてしまう印象だ。
そういう全体の印象と、やはり歌に重きを置いている自分としては
いくら想像以上に良かったとは言え、完全に満足は出来ない野村玲子の歌で
ちょっと消化不良ではあった。


ふぅ、やっと2つめアップ。
今年入ってから観たのを全部あげるとすると、あと8公演分・・・
(そのうち半分はアイーダ)
頑張ってとっととあげます。

◆劇団四季 エビータ公式サイト◆




よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村

Posted on 2010/04/13 Tue. 11:31 [edit]

category: 劇団四季:エビータ

TB: 0    CM: 0

13

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。