06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

タワー登ってラーメン食ってサバンナへ  ライオンキング《2014年10月19日(日)マチネ》 

さて、今月3本目行ってみよー!

というわけで今回は何と2年10ヶ月ぶりのライオンキング。
前回観たのがいつだか調べてちょっとビックリ。
まぁこれは観過ぎという一言に尽きる。
今までで通算40回くらい観てるし。
まぁマニアな人はこの作品に限らずビックリするくらい観てると思うけど
自分的にはこれでも相当な回数だ。

今回は甥っ子とその母親と一緒の観劇なのだが、一緒に観に行く話がなければ
たぶん今年もこの作品は観ないで終わっていただろう。

静岡からやって来た甥っ子家族と朝早めに集合。
まずはちょっとだけ観光だ。

増上寺の脇の道を通って
141019_1.jpg

向かったのは東京タワー。
141019_2.jpg


半年前くらいに来てるのだが、その時は外人の観光案内だったのと
夜だったのと、雨が降っていたのと、ということでちょっと残念な感じ
だったので、今回は快晴で良かった。
141019_3.jpg

あ、ちなみに前回来た時の外人たちはそれでも相当景色を喜んでいた。

ノッポンの弟もちゃんとこっちに向けてポーズを取ってくれた。
141019_4.jpg

性悪なノッポン兄だとこうはいかなかったかもしれないw


東京タワーを降りて、貿易センタービルでラーメンを食べたのだが
このラーメン屋が個人的に結構なヒットだった。
コテコテ系は苦手な自分にはあっさりしすぎず、でもこってりもしていない
ちょうどいいスープと、麺では一番好きなちぢれ麺が大ヒット。
訳が分からん最近の凝ったラーメンではなく、昔懐かしい感じ。
そして一緒に頼んだ餃子も普通の餃子なんだけど、何かすごく美味しかった。
そのお店はこちら↓。
<札幌本舗>
http://tabelog.com/tokyo/A1314/A131401/13041082/


で、やっとやって来た四季劇場。
141019_5.jpg

日曜の昼に来ることはまずないので、人の多さに驚いた。
秋でやってるマンマ・ミーアで団体も入っていたみたいなので
余計に混雑していたのかも。

それにしてもライオンキングとマンマ・ミーアが隣同士で上演されてるって
見た目のインパクトは大きいなぁ。。。


という今回のキャスト。
141019_6.jpg

ラフィキ  :金原美喜
ムファサ  :宇龍真吾
ザズ    :田中廣臣
スカー   :道口瑞之
シェンジ  :松田佑子
バンザイ  :江上健二
エド    :小原哲夫
ティモン  :大塚道人
プンバァ  :川原洋一郎
シンバ   :石毛翔弥
ナラ    :町 真理子


お馴染みの顔ぶれと個人的には新しい顔ぶれが混ざったキャスト陣。
ムファサ、シンバ、ナラの3人は全くの初見だ。バンザイもかなぁ。。。
しかも週初めにキャストチェックした時とナラが変わっていることに
劇場に来て気が付いた。
いつ変わったんだろ?

まぁ、何はともあれ自分がミュージカルにハマるきっかけとなった
大好きな作品だし、新しいキャストもいるし、ということで楽しみにしていた。


開幕してすぐ気付いたのが、全体の音のバランスの悪さ。
今回は前の方の席だったので、両サイドのパーカッションの音は
直に入って来て、それ以外はスピーカーからだったので、
音楽が一体化してない印象。
あ、ちなみに生オケじゃなくなってから初めて観たのだ。
この音のバランスの悪さは最後まで感じた。
まぁ、この辺はたぶん席の問題で、もう少し後ろで観ていたら
気にならなかっただろう。


抜群の安定感の金原ラフィキのサークル・オブ・ライフは大満足。
久しぶりに生で聴いて、あぁやっぱりこのシーンと歌は良いなぁと
この時点で結構感動。

この他に特に好きなシーンをあげていくと、1幕最後の「ハクナ・マタタ」や
2幕の「お前の中に生きている(リプライズ)」がある。
特に「お前の中に生きている(リプライズ)」は久々だったせいもあって
舞台のライトがパッと着いた瞬間にちょっと鳥肌ものだった。
好きなシーンはやっぱり何度観ても良いなぁ、とつくづく思った。

観ながらずっと考えてたのは「この作品は自然に観れるけど、アイーダ以外の
他のディズニー作品だと構えちゃうのはなんでだろうなぁ」ということ。
このディズニー作品という括りはミュージカルに限らない。
実を言うと世間を超賑わせた「アナと雪の女王」も、全然悪くないけど
正直これほど騒がれる様な作品か?と思っている。
観終わった後に残るものがないというか。

その点ライオンキングは観劇後の余韻が深く残る作品だ。
もちろん好きな作品なので贔屓目で観ているところはあると思う。
一時期完全子供向けになったジブリ作品にも同じようなことを感じるのだ。
子供向けだから後に残らない、ということではなく単に自分が作品の
世界観に共感できていない、入り込めないということだとは思うのだが・・・

ただまぁライオンキングという作品は後ろにあるテーマの大きさは
間違いなく他の作品より大きいのではないかと思ったりもするのだ。
思うところは人それぞれだけど、自分の場合は大げさに言うこと
この世界に生きている、もしくは生かされている意味なんかを
考えたりもする。
ま、そんなことを考えなくてもすごく楽しめる作品なわけだが。。。

久々に観たこの作品は期待を裏切ることなく、変わらないテーマの大きさを
感じさせてくれる素晴らしいクオリティーの舞台だった。
もちろんそれを感じられる要因の一つは、全体としてのレベルが非常に高い
四季のキャスト陣であることに間違いはない。


では、気になったキャストの感想をちょこっと。

まずはシンバの石毛翔弥。
きっとアンサンブルとかでは観てるんだろうけど、認識してみるのは
初めてだった。
シンバらしい溌剌とした若々しさ、雰囲気、芝居はとても良かったと思う。
一部分ちょっと台詞が聞き取りにくいところもあったりはしたが、
大きな問題にはならなかった。
ハクナ・マタタで出てきて、ぱっと見た瞬間はシンバらしいシンバだな、と。
唯一ちょっと残念だったのは歌。
まだちゃんとシンバの楽曲を歌いこなせていないような感じがした。
声が高い割には高音がちょっと苦しそうとか、気になるところもあるが
それより気になったのは、まだ曲が自分の物になってなさそうだということ。
観ている方がちょっと苦しくなっちゃうというか・・・
その部分が良くなったら、もっと良いシンバになるんじゃないだろうか。


それから急遽変更になったと思われる(?)ナラの町真理子。
この人もナラとしての存在感も芝居も良かったが、やはり歌が惜しい。
石毛シンバは楽曲自体がまだ自分のものになりきってない感じなのに対して
町ナラは歌い方が自分のものになっていないように感じる部分があった。
四季の方法論に一生懸命合わせているかのような。
この部分がこなれてきたらまったく問題ないんじゃないかと。
これからが楽しみだ。


ムファサの宇龍真吾。
この人は本当に初見だと思われる。
この人はもう声聞いているだけでムファサだ。
声が良いだけでなく歌も上手い。
そしてシンバに対しても、若い良いパパという感じで微笑ましかった。


久々に観た道口スカー。
以前観た時は変なスカーを期待しすぎたのか、思いのほか基本に忠実な
スカーという感じで(いや、そうあるべきなんだろうけどw)、
そういう意味では面白みに欠けた。
今回もそんな感じかなと思っていたら、これがすごい自由な感じになっていた。
歌い方も、台詞回しも、表情も実に生き生きとしたスカーっぷりで
まさに彼に期待していたスカーだった。すごくいい!


そんな感じで久しぶりのライオンキングは気になったところはあったものの
舞台全般としては非常に満足度が高いものになった。
これだったら年1回は観てもいいかな。やっぱりいい作品だし。
まぁあとはよっぽどな人がシンバでもやったら突発もありかなぁ。


ということで今月3本目もちゃんと(かどうかわからないけど)書きましたよ。
次は土曜日と月曜日に別キャストで見る文七元結。
こっちも新キャスト(初見ではない)がいるので楽しみにしている。
月曜分まで観てから書くので、レポは火曜日以降でw



よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2014/10/20 Mon. 23:07 [edit]

category: 劇団四季:ライオンキング

TB: 0    CM: 2

20

13年もやってれば色々あるさ ライオンキング《2011年12月20日マチネ》 

なんと11ヶ月ぶりのライオンキング。
観始めてから今までこんなに間があいたことは無かった。
なんせ今まで35回くらい観てしまっているので、よっぽどのキャストか
記念日くらいのきっかけが無いと中々観に行けない。

で、今回は13周年の記念日だ。記念日は10周年の時から観に行っている。
まぁちょっとしたカーテンコールがあるくらいで、取り立てて特別な
ことがあるわけではないのだが、観に行くきっかけとしてはちょうど良い。

ところでこのボードっていつから使ってるんだっけか?
111220_1.jpg

そろそろ何か新しいものを作っても良いのでは。

ロビーは花が飾ってあったり、なんとなく記念日っぽい感じもするが
特別な感じは年々薄れているような気がする。
逆に言えばそれだけ当たり前のことになってきているということか。
111220_2.jpg


という本日のキャスト。
111220_3.jpg

ラフィキ  :金原 美喜
ムファサ  :内田 圭
ザズ    :雲田 隆弘
スカー   :川地 啓友
シェンジ  :小林 英恵
バンザイ  :大塚 俊
エド    :岡本 繁治
ティモン  :中嶋 徹
プンバァ  :荒木 勝
シンバ   :田中 彰孝
ナラ    :熊本 亜記


記念日のタイミングでシンバが飯村和也から田中彰孝に。
何か勘ぐってしまいたくもなるが、まぁ今更特別な理由もないだろう。
ただ個人的には田中シンバの方が良かったので、嬉しい変更ではあった。

もう13年目、しかも平日と言う事もあってか売れ切れにはなっておらず
2階S席の両サイドはけっこう空席が目立っていた。
記念日なのに、と心配もしてしまうが逆に平日でも来る人たちは
熱心なファンなわけで、客席の反応も今までの記念日以上に
良かったような気がする。


幕が上がり登場した1年ぶりの金原ラフィキは調子も良さそうだった。
去年の記念日の時はちょっと調子悪そうだったし。。。
まずは幸先の良いスタートだ。

と、思っていたらライオンキングを見始めてから初めてのハプニング!
「大草原」のイントロがなり始めたが、草が出てくるところが開いていない。
何か変だな・・・と思っていたらコーラスがストップし、演奏もストップ。
幕が降りて、客電も付いた。
こんなこと四季を観始めて以来初めてだ。
装置のトラブルだというアナウンスが流れた。
再開まではけっこう長くかかったような気がする。5分以上は経っていたのでは。

ともあれ舞台は無事に再開。
ほっと胸をなでおろしていたら、今度は「早く王様になりたい」の途中で
降りてきた幕が絡まって、向かって左側の幕の後ろが丸見えに・・・
重なる時は重なるものだ。
そういえば、川地スカーも「毛玉野郎」でモゴモゴしてたし。

今日は2階席なのでわからなかったが、きっと御大も来てただろうし
よりによってそんな時に・・・と気になってしまった。
皆さん無事だと良いのだが・・・


そのしょっぱなでモゴモゴしてしまった川地スカー。
声も良いし、雰囲気もあるベテランなのだがどうもスカーだと違和感がある。
キチッとし過ぎていて真面目に悪役を演じているように見えてしまうのだ。
もう少しやわらかくというか、おかしな感じがあった方が
ディズニーのキャラクターっぽくなるのでは。


一方で今回一番の収穫だったのは田中シンバだ。
先日コーラスラインで観た時に感じた演技の変化が、シンバでも感じられたからだ。
今までの田中シンバもいかにもシンバの王道らしいシンバだと思っていた。
1年前に観た李涛のシンバはそれはものすごく良かったのだが
シンバとしてはやや変化球と言うか、王道ではなかったかもしれない。

で、今回の田中シンバはシンバの王道と言うよりも、まさにシンバになっていた。
今まではシンバの王道を演じていたものが、シンバそのものに見えた。
この変化は大きい。
田中シンバを見るのはかなり久しぶりなので、いつからこうだったのかはわからない。
でもこのレベルのシンバを観てしまうと、他のシンバはちょっとしんどいかもと
思わせてくれた素晴らしいシンバだった。
演技だけではなく、今日は特に歌もよく「お前の中に生きている」では
坂本健児ばりの高音で歌っていた。田中シンバのあの歌い方は初めて聞いた。


今日の特別カーテンコールは「終わりなき夜」~「サークル・オブ・ライフ」の
メドレーだった。
「終わりなき夜」の歌詞をよく聞いていると、何故か今年起こった震災を
思い出して、それに対するメッセージのように聞こえてしまった。
たぶん考え過ぎなんだろうけど・・・
そんな事もあってか、特に何かがあった特別カーテンコールではなかったが
今までで一番感動した特別カーテンコールだった。

今回の記念品はこれ。
もう少し普段使いに耐えるものだと嬉しいのだが・・・
111220_4.jpg

やっぱり久しぶりに見ると新鮮に観る事ができて、ライオンキングと言う作品の
良さを改めて感じる事ができた今回の記念日公演だった。


重ね重ね、舞台監督含め粛清されない事を祈る・・・・


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村

Posted on 2011/12/20 Tue. 22:45 [edit]

category: 劇団四季:ライオンキング

TB: 0    CM: 9

20

モリッツなシンバ ~僕も王様になるんだ・・・~ ライオンキング《2011年1月22日(土)ソワレ》 

この1ヶ月で3回目のライオンキング。
一番観ていた時期でさえこんなことはなかった。
まぁ、前回と今回はシンバを観に来ているようなものだから
しょうがないと言えばしょうがない、わけがない。

というわけでまたしてもやって来た四季劇場 春。
110122_1.jpg

今回の目的は、春のめざめのモリッツ役ですっかり気に入ってしまった三雲 肇である。
三雲シンバは何年か前に一度だけ観たことがある。
その時の印象は『良いんじゃない』という程度のものだった。
違和感はなかったが、特に印象に残ったわけでもなかった。

三雲 肇という俳優が自分の中にしっかりと印象付いている今観たら
どういう風に見えるだろうか、ということで今回は突発することにしたのだ。


本日のキャスト。
110122_2.jpg


春のめざめ以降、ついついめざめのキャストがアンサンブルでも出ていたりすると
つい追ってしまう。
今日はハンシェンだった南 晶人、オットーの加藤 迪、アンサンブルだった
権頭雄太朗が出演していた。


今回はシンバ以外もムファサ、スカー、ティモン、プンバァ、ナラ、ザズと
メインどころはほぼ入れ替わっていた。
その中で印象的だったのはスカーの深水彰彦だ。
さすがのベテランという感じで、川地啓友にはあまりなかったコミカルな部分を
出すことで、悪役なのだが憎みきれないスカーになっていた。

ナラの熊本亜記もベテラン(というほどの年でもないが)らしいそつのないナラだった。
ただ、演技も含め三雲シンバの若さ(子供っぽさ)と相対すると落ち着き過ぎている。
恋人というよりは、年上のお姉さん的雰囲気になってしまう。
そういう意味で言うとあまり相性は良くないかもなぁ。


さて、三雲シンバだ。
李シンバ同様に訛りを指摘する声も少なくない。
三雲肇の場合は発音したときの空気の抜け具合を訛りと言えばそうなのかもしれないが
訛りというよりも、声のトーンや台詞回しに特徴があるので、そこがダメな人は
受け入れられないかもしれない。まぁ、そこまでアクが強いわけではないが。

やはり今回観る前に想像していた通り、やさしいシンバだった。
決して線は太くない。
力強さよりも、大人になりきれていない不安定さがより強いのかも。
後は自分の役割に目覚めた後の力強さが増すと、よりシンバの成長がわかりやすいのでは。

それから、、三雲肇という俳優は『役として』よりも、三雲肇というキャラクターが
強く出るタイプの俳優じゃないかと。
系統はまったく違うが、芝清道や阿久津陽一郎タイプかな。


それにしても1ヶ月間でライオンキング3回はかなり濃かったというか
おなかいっぱいな感じだ。
よっぽどのことがない限りは、次の記念日まではもう観なくてもいいかも。。。

今日は何かやたらと盛り上がっている観客が結構いて
ムファサが死んだ後、ラフィキとサラビとヤングナラのちょっとした
歌の後に拍手が起こった。。。
8年以上の間に20回以上は観ているが、こんなこと初めてだ。
あそこの拍手は微妙・・・

さて、明日は『夢から醒めた夢』の先行予約日だ。
四季のオリジナルミュージカルの中では一番好きなこの作品。
吉沢梨絵が退団して以降、今ひとつこれだ!というピコが出ていないので
今回は誰が出てくるのか楽しみではある。

頑張って電話かけるぞ!!


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村

Posted on 2011/01/22 Sat. 23:41 [edit]

category: 劇団四季:ライオンキング

TB: 0    CM: 8

22

富士の麓のリアルライオンキング 

ここ2回ライオンキングのネタが続いているので、ついでにもう一つ。
とは言っても、今回は演劇や音楽とはまったく関係ない。

年末の休みを利用して、ヨメの実家がある静岡に来ている。
静岡といえば富士山。富士山といえば富士サファリパーク(?)。
ということで、三つ子の甥と姪を引き連れて、
初めてサファリパークに行って来たのだ。

初めてのサファリパークはまるでリアルライオンキング。
当たり前だが・・・


まずリアルヤングシンバ(もしくはヤングナラ)。
101229_5.jpg
かわいい顔で寝ていた。

そしてリアルプンバ。
101229_4.jpg
こちらもぐっすり就寝中。

それからリアルティモン。
101229_3.jpg
ライオンキング3で見たように、大勢でせかせかと動き回っては
時折立ち止まりこのポーズ。

何気にかわいかったのがリアルシェンジ、バンザイ、エド。
101229_6.jpg
寝顔がかわいかった。


そしてリアルプライドロック(?)
どれがどれかはわからない・・・
101229_7.jpg

これはシンバとナラか?
101229_2.jpg

ライオンの後にトラやチーターなども見たが、見た目一番洗練されていないのが
ライオンだった。。。
ハイエナ軍団が「醜い」と言ったのは、あながち間違いではないかも。
101229_1.jpg


そして今日一番「ライオンキングの衣装って本物のようにちゃんと出来てるんだなぁ、」
と感じたのが実はシマウマだった。
101229_8.jpg
足の肉感などが実に良く出来ているなぁ、と。


シマウマに感心させられたリアルライオンキングであった。


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村

Posted on 2010/12/29 Wed. 18:35 [edit]

category: 劇団四季:ライオンキング

TB: 0    CM: 2

29

カーテンの隙間から覗き込むキャストボード ライオンキング《2010年12月23日(木)ソワレ》 

12周年の記念日が終わり、シンバにまさかの李涛登場という驚きのキャスティング。

李涛のシンバは6年位前に一度だけ見ているが、その時は特に印象に残らなかった。
理由は忘れてしまったが、何故か李涛シンバにものすごい期待をしていて
期待していたシンバ像ではなかったためか、決して悪くはないが
特に印象にも残らなかったのだ。

が、その後ウィキッドのフィエロで素晴らしい演技を見せてくれて、
かなりのお気に入りのキャストになったのだ。

なので、いつまで続くかわからない今回のキャスティングは
今逃すと次観れるかどうかもわからないため見逃せない。
でも四季のサイト上ではダブルキャストのまま。
当日のキャストボードを見るまでは信用ならないのが四季である。
一応ウェブ上で、今日の席には余裕があることを確認した上で
当日キャストボードを外から確認してから購入することにした。

ちょっと早めに劇場に着いたため、春の入り口にはカーテンがかかっていた。
が、カーテンの隙間から中を覗き込んでキャストボードを確認。
シンバが李涛であることを確認し、チケット購入。
我ながらここまでやるか?とは思ったが・・・
キャストの保証がない四季のせいだ!ということで。。。

という、本日のキャスト。
101223_1.jpg

ラフィキ:鄭 雅美
ムファサ:内田 圭
ザズ  :雲田 隆弘
スカー :川地 啓友
シェンジ:孫田 智恵
バンザイ:韓 盛治
エド  :岡本 繁治
ティモン:中嶋 徹
プンバァ:福島 武臣
シンバ :李 涛
ナラ  :小松 加奈

ラフィキ、ザズ、シンバが3日前とは変更になっている。

ライオンキングではなく、李シンバを観に来た本日の観劇。
その目的の李シンバはどうだったかというと・・・


ただただ素晴らしい、の一言。


10年弱ライオンキングを見てきた中で、そこそこの数のシンバを見てきた。
今思い出す限りで、阿久津陽一郎、北澤裕輔、吉原光夫、友石竜也、
瀧川響、田中彰孝、三雲肇、宇都宮直高、飯村和也などだ。
今回の李涛のシンバは、今までで一、二を争うシンバだった。
いや、一番良かったかもしれない。そのくらい素晴らしかった。
2幕の「お前の中に生きている(リプライズ)」を聞きながら、
ウルっと来そうになったのはいつ以来だろうか。。。
思わず身を乗り出して、作品に入り込んでしまった。
単純にライオンキングという作品が好きでしょうがなくて観ていた頃を
思い出させてくれた。

李涛という俳優は不思議な俳優だ。
濱田めぐみのような圧倒的な存在感、阿久津陽一郎のオーラ、
高井治の声のような武器があるわけではない。
一見個性がないように見えるが、その演技の表現力には上記3人の武器と
同様の力がある。
舞台上から伝わってくる物の質が、他の俳優とは違う。
それが演技によるものなのか、歌なのか、声なのかはわからないが
これだけ訴えかけられる俳優は、四季にも多くはいない。

中国人であるが故の台詞の訛りを指摘する声も少なくはないが
(55Stepsの時は確かにちょっとひどかったが・・・)
少なくともフィエロの時、そして今回のシンバに関しては
まったくといっていいほど気になることはなかった。
むしろ四季訛りの人のほうが気になるくらいだ。
多少訛りを感じたにしても、それを大きく上回る表現力で
訛りを気にしているのが馬鹿らしくなるくらいだ。

今日久しぶりに見た李シンバの印象を一言で言うと、優しいシンバだ。
台詞にも無駄な力が一切入っておらず、シンバの感情がストレートに伝わってくる。
そして周囲のキャスト(役)に対する思いやりのようなものが
ひしひしと伝わってくる。これはフィエロの時もそうだった。


李シンバの良さにハマってすっかり忘れていたが、クリスマス特別カーテンコールも
堪能できた。やはり今日観に来て良かった。。。
前回も書いたが、ライオンキングは自分にとっては何度も観に来るような
作品ではなくなってしまっている。
が、今日の李シンバが見れるなら来週、いや明日観に行っても良いくらいだ。


他のキャストに関しても少し。

ナラの小松加奈は、3日前とは演技が明らかに変わっていた。
相手が変われば多少は変わるものだとは思うが、演技の深みが別物に思えた。
これも李シンバの効果なのか。。。

ラフィキの郭雅美は今までも何度か観ているが、今日もパワフルで非常に良かった。
金原ラフィキもかなりお気に入りだが、前回はちょっとお疲れ気味?という
感じもしたので、今回の郭ラフィキはかなり満足度が高かった。

ザズの雲田隆弘も定番だが、前回の部長ザズが個性的だった(好きだけど)ので
見慣れたザズで安心して観る事が出来た。


李シンバにはこのまましばらくシンバでいてほしいものだ。
お金使っちゃいそうで痛し痒しだが。。。
それにしても若手のシンバは出てこないもんかねぇ。
それはそれで心配だったりする。

という、今日が7,091回目のライオンキングでした。
というか、このボードもういらないんじゃ・・・
101223_2.jpg


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村

Posted on 2010/12/24 Fri. 01:07 [edit]

category: 劇団四季:ライオンキング

TB: 0    CM: 6

24

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。